出産祝い・入学祝い・新築祝いならギフトショップPop in | 東京都台東区上野桜木のギフト専門店

 

「オルゴール」って何語?

今日は「オルゴール」の語源についてお話ししたいと思います。

「オルゴール」は、カタカナだし、日本語じゃなさそう・・・と思われる方も多いかもしれません・・・でも実は「オルゴール」は日本語なのです。

 

シリンダーオルゴール

 

なんで「オルゴール」って呼ぶの?

江戸時代にオランダから日本に手回しオルガンが持ち込まれます。この時に持ち込まれた手回しのストリートオルガンをドイツ語で「ORGEL(オルゲル)」と言います。当時、音楽を奏でる不思議な箱(オルガン)は、「オルゲル」の呼び名が訛って「オルゴル」という名で浸透していきました。

その後、江戸時代末期にシリンダーオルゴールが渡来します。オルガンとオルゴール、しくみは全く違いますが、音楽が流れる不思議な箱=オルゴルと認識していた日本人はシリンダーオルゴールも「オルゴル」と呼び、そして今でもそのまま「オルゴール」という呼び名で親しまれています。

 

 

他の国ではなんて言う?

「オルゴール」は日本語。では、英語ではなんて言うのでしょう?

アメリカ英語では「Music box」、イギリス英語では「Musical box」と言います。「オルゴール」という呼び名に慣れてしまっている私たち日本人は、「Music box」も「Musical box」も、なんだかしっくりこない感じがしますが、海外の方に「オルゴール」では通じません。

 

本来は「オルガン」を意味するはずの「オルゴール」。

勘違いがそのまま定着してしまったなんて、おもしろいですね。

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

ページトップへ

フェイスブックTwitterInstagram