出産祝い・入学祝い・新築祝いならギフトショップPop in | 東京都台東区上野桜木のギフト専門店

出産祝いを贈る時期・タイミングは?

出産のお祝いのタイミングは一般的には生まれてから1週間後〜1ヶ月以内がよいと言われています。赤ちゃんの行事で言うと、「お七夜」〜「お宮参り」前になります。

※「お七夜」とは:赤ちゃんが生まれてから7日目に行なうお祝いで、赤ちゃんに名前をつけて「命名式」も行ないます。

※「お宮参り」とは:生まれて1ヶ月頃に神社で赤ちゃんの誕生と成長を祈る行事です。

母子ともに退院し、ご自宅で落ち着いた頃(産後2週間〜3週間くらい)を確認してから、郵送または訪問するとよいでしょう。

 

お母さんへの気遣いを忘れずに!

赤ちゃんに早く会いたい、お祝いを早く渡したい!という気持ちはよくわかります。でも、出産直後のお母さんの体調が回復することを最優先に考えましょう。産後は疲れも溜まっていますし、授乳で寝られないなども考えられます。

訪問の際は必ずご本人に確認を取りましょう。

時間を決めて長居をしないこと、幼児を連れて行かないこと、家に着いたら手を洗うことなどの配慮も忘れずに。

赤ちゃんとお母さんへの配慮を忘れずに。

郵送の際に気をつけるとよいこと

お祝いを郵送する際には、何日の何時頃届くという連絡をしておくと親切です。

産後のお母さんは赤ちゃんのことにかかりきりになります。

配達の方がいつ来るのかの目安がわかると事前に支度ができますので、出産祝いを郵送される際は、先方のご都合を聞いて着日指定をされることをお勧めします。

 

産前は避けましょう

ご懐妊の知らせを聞いて、お祝いしたい!という気持ちもありますが、出産前の出産祝いは避けましょう。出産後に母子の状態を確認してから贈るのがマナーです。

お祝いは生まれてから

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

ページトップへ

フェイスブックTwitterInstagram